睡眠の専門家が作った「睡眠障害対処12の指針」から | 睡眠の質が高まる「女神の休息」はサフラン効果!口コミでは?

睡眠の専門家が作った「睡眠障害対処12の指針」から

厚生労働省の委託により睡眠の専門家が作った「睡眠障害対処12の指針」がありますが、この指針からポイントを紹介します。

睡眠時間は人それぞれ
睡眠はとても個性的なものです。「他の人が○○時間眠るから同じだけ眠らなければ」と考えなくていい。自分に合った睡眠時間を見つけましょう。

刺激物を避け、自分なりのリラックス法を実践
カフェインを摂るのは、眠る3~4時間前まで。眠る前は、軽めの本を読んだり、お気に入りの音楽を聞いたりしてリラックスしましょう。

眠くなってから床に就き、就寝時間にこだわりすぎない。
眠ろうと無理に意気込むと、逆に眠れなくなることがあります。一度、布団から出て、眠たくなったらまた寝床に入りましょう。

眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに
睡眠時間を短くすると、深い眠りが多くなります。眠りが浅いなと思ったら、「早寝・早起き」ならぬ「遅寝・早起き」で睡眠時間を圧縮しましょう。

睡眠薬代わりの寝酒は不眠の元
アルコールは寝付きを良くしますが、深い眠りが減り、トイレのために目覚めやすくなり、睡眠の質が悪くなります。

同じ時刻に毎日起床する
目覚める時刻が一定だと、体内時計のリズムも規則正しくなります。休日も、「平日の起床時間+2時間以内」に起きましょう。

光の利用で良い睡眠
朝は、太陽の明るい光を浴びると、スッキリ目覚められます。夜は暗めで暖色系の明かりが眠気を誘ってくれます。
寝室は真っ暗か、せいぜい豆電球だけにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました