ぐっすり眠れないときの家庭で手軽にできる対策は? | 睡眠の質が高まる「女神の休息」はサフラン効果!口コミでは?

ぐっすり眠れないときの家庭で手軽にできる対策は?

ぐっすり眠るために、薬やサプリメントだけでなく家庭で手軽にできる方法も考えてみましょう!

① 就寝前にホットミルクを飲んでみましょう。

マグカップ1杯(150ml~160ml)程度で効果が得られます。
ホットミルクを飲むと、寝つきが良くなり、質の良い睡眠がとれる様になるので良いと思います。

牛乳には、トリプトファンという必須アミノ酸が含まれています。このトリプトファンは、体内でセロトニンという神経伝達物質に合成されます。更にこのセロトニンが、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促進する働きをしますので、良く眠れる様になります。

また、牛乳にはカルシウムも含まれます。カルシウムには、精神安定効果があります。更に温めることで、リラックス効果も得られるので、寝つきが良くなります。

また、牛乳には、カルシウムの他にも、タンパク質、鉄分をはじめとするミネラル類、ビタミンA、B、Cなどがたっぷり含まれています。

ビタミンBには神経を穏かにする効果があり、自然な眠りに導いてくれます。

牛乳に含まれるタンパク質は鎮静作用があるため、心がゆっくりと落ち着いてきます。

ホットミルクの効果に否定派の方も居られますが、ホットミルクに安眠効果があるのは、事実です。但し、効果には個人差があります。

② 寝る前にお風呂に入ったら、すぐ寝るより、一時間後に寝るようにしましょう!

体が温まったままだと深い眠りにつきにくいので、入浴後1時間ほどたって通常の体温に戻ったときに寝ると、体温が急激に下がって熟睡しやすくなります。

③ 寝るときの姿勢は仰向けより、うつ伏せで寝ると短時間で疲れが取れやすいのです。

うつぶせで寝ると腹式呼吸になりやすく、呼吸量が増えるので疲れを取るのに効果的。
寝入るときだけでいいので、まず2週間試してみてください。首をラクなほうに横に曲げ、顔が向いた側の胸の下にクッションを入れると寝やすい。自分が寝やすい姿勢を見つけましょう。

④ 糖質中心の食生活

丼ものやパスタなど糖質中心の食生活になっていませんか?糖質を摂りすぎることによって、夜間に血糖値が乱高下し、睡眠の質が悪くなることもあります。

夕食以降は、糖質を控えめにすることで夜間の血糖値が安定し、睡眠の質が改善される可能性があります。

深夜にお腹が空いたからといって、お菓子を食べたり、うどん、ラーメンなど食べると、睡眠の質が悪くなるのですね。

女神の休息でゆっくり安眠!

タイトルとURLをコピーしました