後遺障害を知る

 

病気などで患ってしまうことがある後遺障害というのは、どのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか。
まず後遺障害を知る前に後遺症について見ていきます。
この後遺症であったり、事故後からある期間で強い症状を回復させた後で発症する急性期症状といったものから、回復後に残してしまう体の各機能の障害であったり神経症状などを患ってしまうことを後遺障害といいます。

では後遺症という表現と後遺障害という表現に違いがあるのでしょうか。
まず後遺障害というのは、後遺症と基本的には同じという位置づけで使われることが多いです。
どちらも障害を抱えてしまうという点では変わりがありませんが、実際には微妙に違いがあるのです。

後遺障害というのは交通事故で受けた傷やケガが、治療を行うものの治癒することなく残ってしまうことです。
これは痛みであったり内臓などに症状を残してしまうことが該当します。
その一方で後遺症というのは、医師が診断を行っていき後遺障害診断書などの書類を発行します。
それに基づきながら、自賠責保険によって定まっている第1級から14級まで設定されている等級によって、認定を受けていく時には後遺障害となります。
種類も豊富で、損害賠償を求める時には精神的な苦痛から発生する後遺障害慰謝料であったり、将来労働して得る予定だった利益がなくなった時に発生する後遺障害による逸失利益といったものがあります。
等級によって損害賠償額というのは大きく変化しますので、保険金の支払額も変化します。

Copyright © 2014 後遺障害と損害賠償 All Rights Reserved.